福祉助成

  • 福祉助成

2017年度 福祉助成

第1回 福祉助成金 対象団体決定のお知らせ

一般財団法人 橋本財団(理事長 橋本俊明)は、2017年10月から12月にかけ、第1回目となる福祉活動助成先の公募を行い、応募総数59団体の中から25団体へ 合計 約2,370万円の助成を行うことを決定いたしました。
第1回目となる今回は、昨今 運営法人の経営破たんにより障害者の大量解雇が発生している障害者就労継続支援事業所から生産性向上のための機材購入支援などが特に目立ちました。また、発達障害児への様々な支援、緊急保護が必要な方への支援、ひとり親家庭への支援、中山間地域における問題解決など、その内容は多岐に渡り、岡山県における社会福祉の課題が多く寄せられた結果となりました。

当財団は、特に、顕在化していない問題への取組みや、公的支援の狭間などで困難な状況にある方への活動助成を行い、今後も岡山県の社会福祉の増進のため取り組んでまいります。

2017年度助成先団体(PDF)

募集要項

2017年度の募集は終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました。

1.助成の趣旨

岡山県における社会福祉の向上を願い、身体的・社会的に援助が必要な方への支援を行う諸活動に対して助成を行います。特に、顕在化していない問題への取組みや、公的支援の狭間などで困難な状況にある方への支援など、強い意志を持って継続的に活動を行う団体の応募をお待ちしております。

2.助成対象

岡山県内において、身体的・社会的に援助が必要な方への支援活動や研究活動等を行うボランティア団体やNPO法人等の非営利の団体で、その成果が公益のために貢献するもの。 具体的には、次の事業を対象とします。(なお、1団体につき1件の申請に限ります。団体の場合、法人格の有無は問いません。)

  • ① 身体的・精神的な障がいがある方への支援事業
  • ② 子どもの健全育成のための支援事業
  • ③ DVや虐待など、緊急保護が必要な方への支援事業
  • ④ その他、社会福祉に関する事業

3.助成の対象となる事業期間

原則、当財団の1事業年度単位(4月1日~翌年3月31日までの1年間)とし、長期にわたる事業の場合、3年程度を目途に複数年助成を行う場合があります。複数年助成の場合、2年目以降は中間報告書の提出を求め、改めて事業内容の確認・審査を行います。(なお、申請書については、単年度でご記入ください。事業の性質上、複数年での継続支援が必要な場合は事前にご相談ください。)

4.助成の対象としない事業

営利を目的とし、あるいはその結果が直接営利に結びつくような事業は対象外となります。

5.助成対象経費について

対象経費についての定めはありません。人件費も可能ですが、根拠を明確にしてください。

6.助成金額

1件あたり、50万円から500万円を予定しております。
助成金額は選考委員会で計画等提出資料を審査、精査のうえ、決定します。

7.応募方法および提出書類

当財団所定の助成申請様式に必要事項を記入のうえ、以下の関係書類を添付し、事務局宛てに提出してください。なお、申請書は、当財団ホームページからもダウンロードできます。

提出書類 (各1部ずつご提出ください。)
  • 当財団所定の助成申請書
  • ②会則または規約
  • ③役員名簿(役員規程がない場合は会員名簿)
  • ④2016年度の事業報告書及び決算報告書
  • ⑤2017年度の事業計画書及び収支予算書
  • ⑥団体等の日頃の活動状況が分かる資料 (パンフレット、機関紙などあれば)
送付先 〒700-0971 岡山市北区野田3丁目1-18 安田ビル 6F
一般財団法人橋本財団 助成事業担当 TEL (086)242-0500

なお、申請書類の送付は郵送または宅配便でお願いします。当財団への直接持参や電子メール及び FAX による申込は受付致しません。

8.応募期間

2017年10月2日(月)~12月28日(木)(当日消印有効)

9.選考方法及び結果の通知と公表

選考は、選考委員会によって行い、2018年2月下旬に採否を決定します。選考にあたっては、必要に応じヒアリングや選考委員会への出席、助成希望事業のプレゼンテーションをお願いする場合があります。助成決定先の発表は、当財団のホームページに掲載を予定しております。助成先名、助成案件及び助成金額を公表しますので、この点をご了解の上、お申し込み下さい。なお、審査の経過や採否の理由に関するお問い合わせには一切応じることはできませんのでご了承ください。